脱毛サロン「銀座カラー」のキャンセルが可能な期間は?


キャンセルが可能な期間を押さえておこう

脱毛サロンでは、キャンセルが可能な期間を押さえておく必要があります。そこで、銀座カラーでは、アポイントを取ると、どのぐらいの期間がペナルティが課せられないか、調べてみました。

結論から言うと、銀座カラーが予約変更を受け入れてくれるのは、前日の19時までに連絡を入れる場合です。この期間を過ぎると、脱毛箇所を飛ばされることもあるようですし、最悪予約はキャンセルとなり、一回分を消化しなければいけなくなることもあります。
なお、当日の予約変更は施術箇所がカットになる15分〜20分が限度で、それ以上、遅れてしまうと施術を受けることができず、且つコースが1回分消化になるので気をつけましょう。

脱毛し放題のコースはキャンセル料が取られる

なお、銀座カラーでは、時間に遅れてしまうと1回分は消化しますが、キャンセル料までは取られません。しかし、これが脱毛し放題のコースになると、2,000円を負担しなければなりません。無期限の全身脱毛し放題コースを取っている方は、注意してください。

キャンセルできる期間はどのサロンもシビア

では、なぜ脱毛サロンは、このようにキャンセルに厳しいのでしょうか。これは、使えばわかりますが、お客様の都合に全部合わせてしまうと、安い料金体系が通用しなくなるのですね。つまり、この料金で出来ているのは、多くのユーザーが約束を守ってくれているからです。

ただ、生理不順の人は、生理日をきちんと予測できません。その場合は当日にキャンセルの電話を入れることも起こるでしょう。その場合は、仕方ないと考えるしかありません。

それでも、前日19時まで受けてくれるので、大抵のイレギュラーは何とかなるものです。施術日近辺になったら、仕事以外の用事は極力入れないように会いましょう。

キャンセル可能な期間は銀座カラー以外ではどうなっているか

なお、銀座カラー以外の脱毛サロンを見てみると、どこも大体、15分から20分は待ってくれますが、それ以降は予約がキャンセル扱いです。また、サロンによっては、前日にキャンセルの電話を入れた場合でも、1,000円のキャンセル料がかかるところもあります。銀座カラーは、全身脱毛し放題コース以外ではペナルティ料金は発生しませんので、まだ良い方ではないでしょうか。

何れにしても、予約キャセルの期間はどこも大して変わりません。遅れそうな場合は、どこに連絡すれば良いか、確認しておきたいところです。


関連記事:脱毛サロン「銀座カラー」の無期限全身脱毛コースとは